自動車保険更新時の注意点について

自動車保険更新時の注意点について

自動車保険更新時の注意点について

自動車保険の乗り換え
年に一度やってくる自動車保険の更新手続き、これを毎年何も考えずにそのまま更新していると実は損をしてるので注意してください。

 

お得に契約する為に重要なのは、見積もりサイトによる比較と満期日の把握です。

 

場合によっては乗り換えも重要ですね。

 

まず自動車保険の更新手続きは、満期日ギリギリになるまで放置・・なんてことをしないのが重要です。

 

というのも、自動車保険には早期契約割引という割引があるからです。

 

自動車保険会社によって割引適用となる満期日までの日数や割引金額に差はありますが、大体二ヶ月前(60日前)に契約手続きをすれば適用されます。

 

割引金額は500円程度のものですが、せっかく値段を引いてもらえるんですから適用されるよう早めの更新を心がけたいですよね。

 

ですので満期日はしっかり把握しておいて下さいね。

 

自動車保険の更新時の注意点:乗り換えで安くなるかどうか?

自動車保険の乗り換え
次は見積もり一括サイトで比較してみましょう。

 

この時に重要な心構えとなるのが、去年のデータは信用しないことです。

 

例えば去年自動車保険の見積もり比較した結果、一番安い会社と契約した、なので今年もここが一番安いだろうと盲信してはいけません。

 

というのも、更新契約と新規契約の両者を比較した場合、お得に契約出来るのは大抵後者なんです。

 

新規のお客様をゲットする為には大幅割引をしますが、現在の顧客にはそういうサービスはしません。
(この辺りは他の業界でも同じですね)
更新契約にも同様の割引をしてくれる会社もありますが、それは残念ながらマイノリティです。

 

大半の自動車保険会社は、そのまま盲信して更新すると損するようになってますので注意してください。

 

このような疑念の気持ちを持ち、改めて保険見積もり一括サイトを利用して自動車保険料を調べます。

 

比較する際に気をつけて欲しいのは、あくまで大まかな情報で比較してるという点です。

 

保険会社によれば年間走行距離に応じてさらに割引してくれる会社もあります。

 

年間走行距離の少ない人は、そういう自動車保険会社のHPで見積もりを出してみてください。

 

熟考した結果、契約する自動車保険会社が決まったとしましょう。

 

その際、電話を掛けて契約するのではなくインターネット契約をするようにしてください。

 

電話を掛けてオペレーター相手に話をして契約するというのは楽なんですけど、これだとインターネット割引は適用されません。

 

自動車保険会社によってインターネット割引金額に差はありますが、大体1万円ぐらい割り引いてくれます。

 

1万円も割り引いてくれるとなると大きいですから、ここは注意してください。

 

インターネットで契約といっても、別段難しいことではありません。

 

見積もり一括サイトを利用する時に個人情報を入力したと思いますが、これと同じ程度の手間しかかかりません。

 

ここまで出来てる人ならスムーズに出来ると思いますので、取りこぼさないように気をつけてください。

 

あとプリンターをつかえる方は、証券不発行割引をお勧めです。

 

通常は証券を郵送してきますが、これを発行しなくていいから安くしてもらえるというのがこの割引です。

 

プリンターがあれば証券をそのままプリンタアウト出来ますので、プリンターをお持ちの方はこの割り引きも活用してみてください。

 

割引金額は500円程度ですが、安くなるにこしたことはないですからね。

 

早期契約割引、見積もり一括サイトの利用、乗り換えも視野に入れる、インターネット契約、証券不発行割引、こういった点を意識すれば自動車保険料はかなり安くなりますので活用してください。