家計を圧迫しがちな自動車保険を見直し

家計を圧迫しがちな自動車保険を見直し

家計を圧迫しがちな自動車保険を見直し

自動車保険の乗り換え
子供を授かり、妻が職から離れる期間を考えると家計はかなり見直さなければやっていくことが難しいという状況になりました。

 

普段から家計簿をきちんとつけていたので、どこを残してどこを削るか、割と早い段階で調整ができたと思います。

 

その中でも見直したのが各種保険です。

 

様々な保険料はやはり固定的な出費として家計に大きくのしかかるもので、かと言って全てをやめることはできないという見直しが難しく感じるものです。

 

今まで親と同じところ、というだけで入っていた保険を改めて見直す中、特に気になっていたのが自動車保険です。

 

以前は通勤にも自動車を利用していましたが、公共交通機関を利用して通える職場に転職したため、自動車に乗るのはほぼ休日のみ。

 

また、実家にいた頃は家族全員が運転することがあった自動車ですが、結婚してからは自分しか運転しません。

 

もしかして過剰な条件で保険がかかっているのでは・・・?

 

妻の一言に自動車保険が見直しの対象になりました。

 

インターネットで自動車保険の比較

自動車保険の乗り換え
まずは、インターネットで自動車保険の比較をしました。

 

思いつく大手の保険会社の見積やプランなどを見たり、自動車保険の比較サイトを利用して「今の自分の自動車の乗車状況」から最適と思われるプランを検索すると、現在の自動車保険が高額すぎることがわかりました。

 

これは、すぐにでも変更したほうが良いと考え、本気で比較を開始しました。

 

運転者の年齢や年間走行距離などをかなり細かく指定することで、数千円の違いが出てきます。

 

また、一口に自動車保険と言っても、付帯サービスとして各種保険がプラスされるプランも有り、結局我が家が持つ保険全体を見直すことに。

 

最終的には自動車保険は自動車保険のみのシンプルなプランを選択しましたが、それでも今までの自動車保険と比べると年間で万単位の差があり、驚きました。

 

よくCMで保険を見直そうというフレーズを聞きましたが、なんとなく他人事・・・というか面倒そう、そんなに変わらないでしょ、というイメージがありました。

 

けれど実際に比較検討して見直してみると、家計を圧迫していた大きな金額が驚くほど変動しました。

 

この話を両親にも伝え、なんとなくで更新していた実家の自動車保険も見直しを行いました。

 

収入が減る老後にも車が必須となるので、この見直しは家計の負担を大きく減らすものであったようで、かなり感謝されました。

 

もしも今まで自動車保険を惰性で継続している、という方がいれば・・・是非一度比較検討見直しをおすすめします。